CADの仕事内容とCAD技術者やオペレーターになる方法


CADの仕事内容とCAD技術者が活躍できるフィールド

何か物を設計したり、住宅を建てたりするときにはCADが必要になってきます。前者の物を設計したりする専門家はCADオペレーターとも呼ばれ、設計者の構想をCADで図面にしたりするのがお仕事です。住宅を建てる時には、CADで住宅の完成イメージを3DCGにしてプレゼンをしたり、細かい図面や設計を作り申請書作りなどを行います。何かものを作る時には、CADが求められる事もあってそのCAD技術者は様々な業界で求められてきます。自動車メーカー、住宅メーカーなどCAD技術者が活躍できるフィールドがありますので、何か手に職をつけたいと思っている人は、CADの技術習得を目指してみてはいかがでしょうか?

CAD技術者やCADオペレーターになる方法

これからCAD技術者やオペレーターになりたい方は、まずはCADの知識や技術を習得する必要があります。CADソフト自体はインターネット上に無料で利用できるフリーソフトなども多く、フリーソフトでも業界でメインに使われているソフトもあるのでまずはそれをダウンロードして勉強してみるのも良いでしょう。また、本格的にCADを身に着けたいならCAD講座等を受講して学ぶ方法もあります。eラーニング講座もありますし、国の職業訓練の中にもCADの技術習得講座があったりします。そして、CADを習得したらそのスキルを売りにして、企業のCADオペレーターの求人などに応募して採用されれば、晴れてCADオペレーターとして働けます。ちなみにCADはパソコンを使って仕事を行うため、フリーランスとして在宅で仕事をしている方もいます。

水道CADはコストカットや業務効率を向上させる目的で、水道工事を専門に扱う工務店や水回りの部品を扱うメーカーを中心に普及し始めています。