合宿免許を利用する際のメリットとデメリット


合宿免許を利用するメリット

合宿免許を利用するメリットは沢山あります。まず、通常の教習所で免許を取得するよりも料金が安くなり、中にはキャンペーンや期間限定サービスなどがあるため、それらを利用する事でさらに料金が安くなります。次に、教習所で車の運転をする際には、事前に予約を入れ練習を行うため、シーズンなどによっては予約が取れず、免許の取得まで時間がかかってしまう事もあります。しかし、合宿免許は事前にスケジュールは組まれているので、予約をせず決まったスケジュールを行い免許の取得を目指せます。また、合宿免許の中には、宿泊先のホテルにプールが付いているものや、現地で遊べるプランなどを提供している場合もあるので、免許の取得と旅行を同時に楽しむ事もできます。

合宿免許のデメリット

一番のデメリットは、2週間から3週間の間、自宅を離れ、泊まり込みで免許の取得をするため、仕事やアルバイト、学校などを長期的に休まなければいけません。また、試験などに合格出来なかった場合には、再度テストを受け直さなければいけないため、滞在時間が延長されます。そのため、合宿期間中は個々の努力も必要になります。合宿免許は場所やシーズンなどによって料金や受けられるサービスも異なるので注意しましょう。当然ゴールデンウィークなどのハイシーズン時には人が多いため、合宿免許の予約が取れない事もあります。これらが合宿免許を利用する際のメリットとデメリットになりますが、長期間の休みなどが必要になるデメリットよりも、短期間で免許が取得でき、料金も安くなるなどメリットが多いと考える人も多いため、利用者は多くなります。

教習所に通うのではなく、教習所の寮などに滞在しながら免許を短期間で効率よく取得できるのが合宿免許です