CADを導入してきれいな図面&仕事の効率化を図ろう!


CADを導入しよう~準備編

工業系の仕事に携わる方なら最近の殆どの図面がCADで作成されているのはご存知でしょうが、そうでない業界の方でもCADを導入するメリットは多いのです。パソコンはどのオフィスにもあるでしょうから、CADソフト(有料・無料ともいろいろあります)を入れれば使えます。もちろんプリンターがあれば印刷もできます。

CADを導入する利点とは?

いままでフリーハンドでラフに書いていた打合せ図をきちんとした形で残しておくことができます。いちいち印刷しなくてもファイルのやり取りでだいたい完結するので、ペーパーレス化にもなります。青焼きの図面って枚数がたまると重いんですよね。相手のパソコンにCADソフトが入っていなくても、PDFファイル化すれば大抵のパソコンで読めますし、印刷もできます。

手書き製図の良さもありますよね

とは言っても、手書き製図の良さもあります。暖かい感じがしますし、上手い人の手書き図面は本当に美しいです。反面、下手な手書き製図は見づらいし、なにより美しくありません。逆に、同じ様な納まりでちょっとづつ違う図をたくさん書かなければならないような時は、CADで元図を使い回して部分変更で作成効率を上げられます。これは適材適所で使い分けるのが良いでしょう。

CAD導入で押さえておきたいポイント

業務の中でどの程度のCADソフトが必要かは、業種によって違います。スケッチを図面化したい程度ならフリーウェアのCADソフトでも十分でしょうが、例えば精密機械の設計と土木工事の設計では使い勝手の違いが生じます。使用する用途にマッチするソフトの選定をすべきです。また、専門性の高いソフトの導入には相応のコストがかかります。経済産業省のIT導入補助金制度などを利用して導入コストの一助とすることも考えられます。

電気設備関係の図面を作成するのに適した図面作成ツールのことを電気CADと呼びます。民間の資格検定もあります。